最新情報 オンラインストア 車種別専用ページ 認定コンプリート車両 オリジナルパーツ メンテナンス&サービス  

GSX1200S

装備

GSX 1200S
GSX 1200S

■エンジン

   4500rpmで10.0kg-mのトルクを生み出す1156cc、DOHC16バルブエンジンは油冷という冷却システムを採用。エンジンの熱をオイルの循環よって積極的に冷やす仕組みで、水冷のような複雑な冷却システムを必要としないのでコンパクトで軽量化に有利。また外観も細かいフィンを持ちブラックアウトされたシリンダーブロックとバフ掛けされたカバー類とのコントラストが美しく、造形美も持ち合わせている。
   スロットル低開度時の点火時期を最適化してレスポンスと燃費を向上させるTPS(スロットルポジションセンサー)付32mm小径キャブレターが、吸気系の流速を上げてトルク感を向上させ、滑らかな加速感を発生。街乗りからスポーツ走行まで幅広くカバーする。
   4-1タイプのエキゾーストパイプはステンレスの二重管構造で、迫力のある美しい外観と高排気効率を実現している。

GSX 1200S
GSX 1200S
GSX 1200S

■足廻り

   フロントにはインナーチューブ径43mmの高剛性大径フォークを採用。リアに装備する5段階にイニシャル調整できるアルミ2ピース構造の別体式タンク付ガス分離加圧式倒立リアショック、軽量・高剛性のアルミ角断面スイングアームとともにスポーツ・ライディングを支える。
   フロントブレーキは310mm径の大径フローティングディスクローターにアルミ、異径ピストンを採用したブレンボ製4ポットキャリパーを装備、強力かつ扱いやすい制動力を発揮する。リアブレーキはトキコ製2ポットキャリパー。車体姿勢のコントロールをしやすくし、コーナーアプローチ時に効果を発揮する。(写真の車両はホースをステンレスメッシュに変更)
   フロント3.50-17/リア5.50-17インチホイールにはそれぞれ120/70-17、170/70-17という太すぎないタイヤを装着、ライト・ウエイト・スポーツの軽快な走りを実現している。

■ 寸法・容量・重量
・全長/2,140mm
・全幅/780mm
・全高/1100mm
・ホイールベース/1,465mm
・キャスター/25.50度
・トレール/102mm
・燃料タンク容量/20リットル

■スタイリング

   1100カタナと同形状のフロントカウルはヘッドライト上部がカーボン製のオリジナル。スクリーンは表側は虹色に輝き、裏からはスモークのチタンコートスクリーンを採用。また2003年生産車からヘッドライトはRAYBRIGマルチリフレクタータイプとなっている。

GSX 1200S

   コンビネーションメーターは1100カタナと同じ240km/hフルスケール。剛性と質感の高いアルミ削り出しトップブリッジとアンダーブラケットを装備。トップブリッジには初期の50台にはシリアルナンバー入り真鍮プレートが付くが、現在の受注生産車にはK-UNICORNマークの真鍮プレートが付く。
   スポーツライディングに最適なポジションを構成する3次元可変式ハンドルは現在TooBrothers製になる。

GSX 1200S

   スムーズで心地よいシフトチェンジを提供するステップもアグラス製ベアリング内蔵アルミ削り出しが採用されている。

GSX 1200S

   シート表皮は汚れに強く、滑りにくいスウェード調のオリジナル表皮となる。テールカウルもカーボン製の専用品。

GSX1200Sを知る
コンセプト
スタイル
装備
スペック
価格
価格
カスタムパーツ
アパレル
認定中古車
ユニコーンカフェ
ギャラリー
雑誌掲載記事
1200カタナ製作物語
PICK UP MENU